<< 開導日扇聖人御会式 | main | 〜お米を使って実験〜 Part2 >>

〜お米を使って実験〜

 
 ありがとうございます。

 5月に青年会の中でお米を使ってある実験を行いました

 この実験の目的として、良い言葉(御題目等)と悪い言葉(罵声等)がどのような影響を及ぼすのかを今回お米を使用し、約1ヶ月半に渡りその変化を追い続けました


 まずは実験するにあたり準備する道具を紹介します



・お米(今回2合使用)
・密閉できる容器×2(お米を入れるもの)
・色違いのメガホン各1種類
・小さい箱×2(容器が入る大きさ)
・透明の下敷き×2
・はさみorカッター
・画用紙(出来れば区別出来るように2種類)
・紙テープ


では、準備に取りかかります

<1>お米2合を炊きます。







炊き上がるまでは、青年会で口唱会をさせていただきました




<2>ご飯が炊きあがったので、ご飯を入れる容器の作成を行います。




 ダンボールを容器が入る大きさにして、回りに画用紙を張ります。
そして前の1面だけ見えるように、下敷きをつけます。


<3>ご飯を容器に入れます。


容器2つに同じ量のご飯を入れます。




<4>ご飯を入れた容器に紙テープを貼り付け、密閉させます。





<5>別室にて、セッティングします。

 全て準備が仕上がったら、2つの容器と箱などを人が沢山通るところに設置します。

設置条件としては、
※1 2つの容器が同じ空間にあること。(湿度・室温が同じになるよう)
※2 ある程度の距離(今回は約3m)を離すこと。(良い言葉と罵声が一緒にならないように)



 悪い言葉(罵声等)用



 良い言葉(お題目等)用



☆2種類を区別出来るよう色分けと実証中の紙を用意します。
(良い言葉のフタにシールを貼っておいたりするとなお良い)


<6>それぞれの容器に良い言葉と悪い言葉をかけていきます。






 こんな感じで実験をスタートしました


日々の変化については、次回に更新させていただきます

さてどのようにこのお米は変化していくのでしょうか
次回をお楽しみに〜
| - | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://hbs-j.jyoufuji.jp/trackback/22

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--